春の選抜2019出場校や組み合わせと優勝予想!注目選手や21世紀枠も!

春の選抜高校野球もいよいよ開幕になる。

 

厳しい冬を超えて来た選手たちはどの様なプレーを見せてくれるのかとても楽しみな大会である。

2018年の大会では大阪桐蔭高校が優勝を果たしており、そのまま夏の甲子園も制覇するという春夏連覇を達成することとなった。

2019年はどの高校が優勝するのかも管理人が勝手に予想していこうと思う。

 

スポンサードリンク




出場校一覧

では早速北から順に出場校を紹介していこうと思う。

【北海道】2枠

  • 札幌大谷高校

北海道札幌市にある中間一貫校の学校であり2018年の明治神宮大会に初出場して初優勝を飾っている。

この明治神宮大会の優勝が2019年の春の選抜出場の決め手となったみたいだ。

札幌大谷高校の主力の選手はほぼ大谷中学校からの進学者となっており、負けていたとしても諦めない姿勢が垣間見えており仲間との団結力も素晴らしい高校として勝ち上がっている。

 

  • 札幌第一高校

同じく札幌にある高校であり、男女共学の私立高校になる。

スポーツに力を入れている高校であり、サッカーや野球は全国大会に出場するほどの実力を持っている。

2018年の秋の北海道大会で準優勝を飾っており、打撃のチームとして知られている。

 

【東北】2枠

  • 八戸学院光星

青森県の強豪校として知られる学校であり、2018年の東北大会では5年ぶり5度目の優勝を果たすことになった。

甲子園にも幾度も出場している高校であり春の選抜でもどこまで駒を勧めることが出来るか注目である。

 

  • 盛岡大付属

打撃に注目されているチームであり2018年の秋の公式戦では12試合で91得点と打撃が大爆発しているチームである。

一試合平均8得点を取っている計算となり強力打線が自慢のチームとなる。

 

スポンサードリンク




 

【関東】5枠

  • 桐蔭高校

強豪ひしめく神奈川県からの代表校となる。

2018年の関東大会では24年ぶり3度目の優勝となる。

優勝候補の1校であると管理人は思っている。

 

  • 春日部共栄

2018年の秋季埼玉県大会で優勝を経験しており、関東大会では準優勝を果たした。

埼玉県も全国屈指の強豪がひしめくエリアであるが、見事勝利を収めることが出来た。

1997年の第69回選抜高等学校野球大会では、ベスト8に輝くもそれ以降は一度も春の選抜に出場していない状況であった。

 

  • 習志野

2018年秋季関東大会では公立高校で唯一公立高校でベスト4入り。

千葉県内も強豪ひしめく高校がいっぱいある中での、センバツへ出場出来たことは相当な自信に繋がったと思う。

 

  • 山梨学院

やはりここでも甲子園常連校がセンバツ出場を決めてきた。

2018年の夏の甲子園出場もしているので、甲子園経験者が多数いることになる。

 

  • 国士舘

秋季東京大会では見事に優勝を果たしており、10年ぶり6度目の優勝を果たすことになった。

鎌田州真選手はU-15アジア選手権の日本代表選手であり、1年生からチームの戦力として活躍していた。

 

  • 横浜

横浜高校は以外であるが、何と最後の6枠目に選出された高校になる。

関東大会では準々決勝で敗退してしまうも、神奈川県大会で強豪校を撃破したことが評価されての選出となった。

偉大な先輩である松坂大輔投手も横浜高校時代に、春と夏の甲子園連覇の快挙を達成している。

 

スポンサードリンク




【東海】2枠

  • 東邦

東邦高校は選抜で最多記録である4度の優勝を誇る。

2年連続30度目の出場となり、最多記録である優勝5度目の記録を狙うことになる。

 

  • 津田学園

17年ぶりの出場となる津田学園。

秋季東海大会では東邦高校に敗退してしまい、準優勝となる。

 

【北信越】2枠

  • 星稜

2年連続13回目の出場となる星稜高校。

この淡い黄色のユニフォームは高校野球ファンは幾度も見たであろう。

この高校も優勝候補の1校として管理人は推薦する。

 

  • 啓新

福井県から選出された高校になる。

創部七年とまだ若い野球部であるが念願の甲子園の切符を獲得することに成功した。

2018年秋季北信越大会2018では、星稜高校と引き分け再試合となり再試合では惜しくも敗退してしまい準優勝となった。

 

スポンサードリンク




【近畿】6枠

  • 龍谷大平安

京都の名門高校が春の選抜に帰ってきた。

昨年の夏の甲子園も出場しており、2季連続の出場となる。

2018年の秋季近畿大会では見事優勝へと輝いた。

 

  • 明石商業

2018年の夏の甲子園を経験しているので明石商業も2季連続の出場となる。

秋季近畿大会では準優勝となる。

 

  • 履正社

強豪ひしめく大阪府からの選考は履正社高校となった。

昨年選抜で優勝している大阪桐蔭高校はまさかの出場せず。

優勝候補の1校として注目している。

 

  • 智弁和歌山

甲子園常連校の智弁和歌山が今年の出場。

過去には選抜で優勝も経験している高校であり、名門校の実力は伊達ではないと思う。

 

  • 市立和歌山

3年ぶり6回目の出場となる。

攻守ともに評価されている高校であり、甲子園では伸び伸びしたプレーすれば上位に行けるのではないかと思う。

 

  • 福知山成美 

5年ぶり3回目の出場。

京都府代表はこれまで通算199勝を甲子園で記録している。

もし、甲子園で勝利を飾れば通算200勝の記録に貢献することに。

 

スポンサードリンク




【中国・四国】5枠

  • 広陵

6年ぶり24回目の出場。

秋季広島大会と中国大会で優勝。

文句なしの選抜の切符を獲得することになった。

 

  • 米子東

23年ぶり9回目の出場となった。

秋季中国大会では準優勝となったが、何と登録選手16人という状況での快挙となった。

 

  • 高松商業

高松商業は選抜第1回目の優勝校である。

2018年秋季四国大会で優勝を果たして選抜の切符を獲得することが出来た。

 

  • 松山聖陵

2年連続2回目の選抜出場となる。

秋季四国大会では準優勝となり失点やエラーが少ないチームとして勝ち上がってきたチームになる。

 

  • 市立呉

2年ぶり3回目の出場となる。

秋季中国大会ではベスト4入りして選抜への出場を勝ち取った。

2018年は西日本豪雨の被害を受けてしまい、約2週間の断水もあったなか練習もままならない状況であったが見事ベスト4入り。

 

スポンサードリンク




【九州】4枠

  • 筑陽学園

2018年秋季九州大会で見事に優勝を果たした。

以外ではあったが選抜初出場となる。

筑陽学園の強さは優勝候補の1校として推薦したい。

 

  • 明豊

10年ぶり3回目の出場となった。明豊高校。

大分県内の強豪校と言えば、明豊高校だろう。

2018年秋季九州大会では準優勝となり、打撃の明豊が選抜でもどこまで力を見せてくれるのか楽しみだ。

 

  • 日章学園

こちらも意外であったが選抜初出場であった。

秋季宮崎県大会で優勝。秋季九州大会では準決勝で敗退。

エラーが少ないチームでありしっかりと守るチームである。

 

  • 大分高校

春の選抜は初出場であるが、夏の甲子園は2度出場しているもどちらも1回戦敗退。

甲子園での初勝利を目指すことになる。

 

スポンサードリンク




21世紀枠一覧

  • 石岡一高校 (茨城)

秋季茨城県大会ではベスト4入り。春と夏を通じて甲子園初出場。

選抜選出の理由は、部員全員がハンディキャップを生かした練習で、農業高校としての文武両道が評価された。

 

  • 富岡西 (徳島)

2018年秋季徳島大会では3位に入賞。

秋季四国大会でも大躍進となりベスト4入り。

選出理由としては、野球部専用グランドが内にも関わらず県大会で好成績を残したことが評価に繋がった。

 

スポンサードリンク




組み合わせと日程

組み合わせ抽選会は、3月15日(金)に開催される。

第1日 3月23日(土)

開会式 09:00 
10:30 市立呉 vs 市立和歌山
13:00 高松商業 vs 春日部共栄
15:30 履正社 vs 星稜

 

第2日 3月24日(日)

09:00 日章学園 vs 習志野
11:30 明豊 vs 横浜
14:00 米子東 vs 札幌大谷

 

第3日 3月25日(月)

09:00 津田学園 vs 龍谷大平安
11:30 盛岡大付 vs 石岡一
14:00 山梨学院 vs 札幌第一

 

第4日 3月26日(火)

09:00 筑陽学園 vs 福知山成美
11:30 広陵 vs 八戸学院光星
14:00 富岡西 vs 東邦

 

第5日 3月27日(水)

09:00 明石商業 vs 国士舘
11:30 松山聖陵 vs 大分
14:00 啓新 vs 桐蔭学園

 

第6日以降の日程に関しては、試合が決まり次第追記していこうと思う!

 

注目選手

では、選抜に出場する注目選手を紹介していこうと思う。

  • 星稜高校 (石川県) 奥川恭伸

昨年、U-18高校日本代表選手で唯一高校2年生で選出された奥川恭伸投手。

昨年の夏の甲子園に出場して自己最速である150キロをマークした。

 

  • 八戸学院光星 (青森県) 武岡龍世

巨人の坂本選手2世と言われる程のショートの達人であり、走攻守3拍子揃った選手になる。

50メートル5.9秒の俊足を生かしてグラウンドを駆け回るだろう。

 

  • 横浜高校 (神奈川県) 及川雅貴

 

最速153キロを投げるサウスポー投手。

秋季大会では59奪三振であり奪三振率は12.85と驚異の数字。

プロスカウトも注目の選手である。

 

スポンサードリンク




優勝予想!

では、最後に管理人が独断と偏見で優勝予想をしていこうと思う。

  • 八戸学院光星 (青森)
  • 横浜高校   (神奈川)
  • 星稜高校   (石川)
  • 履正社高校  (大阪)
  • 広陵高校   (広島)
  • 筑陽学園   (福岡)

 

恐らくこの上に書いた高校の中から優勝校が出るのではないかと思う。

何が起こるか分からない甲子園なので番狂わせもあると思うのでとても楽しみだ!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください